お尻のスキンケアをはじめましょう

お尻の黒ずみ、ニキビを徹底ケア!

お尻の黒ずみ、ニキビを徹底ケア!【美尻ナビ】トップ >
お尻ニキビができる原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お尻ニキビができる原因

一度できるとなかなか治らないのがお尻ニキビ。
しっかり治すためにはまず原因を知ることが大切です。
いくつか原因がありますので、思い当たる原因がないかチェックしてみましょう。

お尻がムレている

1日の中で椅子に座ることが多い人はお尻が蒸れやすくなっています。
椅子とお尻が長時間接していると、通気性が悪く、汗や汚れが毛穴に詰まってしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。その結果、ニキビなどのトラブルが発生しやすくなってしまいます。

対策としては通気性の良い下着や、O型クッションを利用するなどが有効です。
また、汗をかいた下着をこまめに交換したり、お風呂に入ってキレイに毛穴を取り除くなどして、お尻の毛穴を清潔な状態に保つことが大切になります。

ホルモンバランスが乱れている

お尻ニキビができやすい時の一つが「生理中の時」のようです。
なぜ生理中にニキビができやすいかはホルモンバランスが乱れることに関係しています。
ホルモンバランスが乱れてしまうと、皮脂分泌が活発となり、ニキビが発生しやすくなるからです。

ホルモンバランスが崩れるのは生理中だけではありません。強いストレスを受けた時や、食生活が乱れている時、睡眠不足なときなど、生活習慣で影響してきます。
そのため、ホルモンバランスを解消するには生活習慣を規則正しく健康的に過ごすことが大切となります。

お尻の血行が悪い

お尻が血行が悪くなることは、代謝が低下して老廃物が溜まり、お尻ニキビが出来る原因となります。
もし、締め付けの強い下着を着ている場合は、それがお尻ニキビの原因となっているかもしれません。

特に太ももとお尻の境目がきつく締め付けられると血行不良を起こしやすいため、あまり締め付けない下着に変えるようにしましょう。
また締め付けが強いと感じる場合は、マッサージで血行促進することも効果的です。

お肌について

当サイトについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加