お尻のスキンケアをはじめましょう

お尻の黒ずみ、ニキビを徹底ケア!

お尻の黒ずみ、ニキビを徹底ケア!【美尻ナビ】トップ >
保湿をしないとお肌はどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保湿をしないとお肌はどうなるの?

美肌を保つ三大要素

美肌を保つためには紫外線対策、正しい洗顔、保湿が重要だといわれています。では何故必要になるのでしょうか。
まず肌の大敵、紫外線を浴び続けるとシミ、シワ、老化など肌荒れの原因になります。必ず対策を行うようにしましょう。

洗顔は不必要な角質や毛穴の汚れを除去し、その後の保湿を高める効果があります。なお、「正しい」洗顔とは肌を傷つけないように行う洗顔を意味しています。
最後の保湿は特に重要になります。肌の乾燥はシワ、シミ、かゆみ、老化などさまざまな肌荒れを起こす原因になるのです。年齢を重ねる事に乾燥しやすくなるため、季節に関係なくしっかりとした保湿が必要になるでしょう。

肌を守る角質層

保湿が美肌に不可欠だといわれる理由を知るには、肌の構造と役割を知る必要があります。肌は表皮層、基底層、有棘層(ゆうきょくそう)、顆粒層(かりゅうそう)、角質層、皮脂膜の5つから出来ています。

この中で保湿に関して重要なのが角質層です。一般に角質は肌荒れを起こす原因と考えられていますが、これは肌の新陳代謝が阻害された結果、必要以上に角質が溜まったケースでの話しなのです。
実際には美肌を保つうえで大切な保湿と、外界から肌を守るバリアという重要な役割を持っているのです。

保湿不足が起こす肌荒れの症状

肌の水分が失われと水分によって保たれていた角質層が剥がれ、肌を守るバリアが無くなってしまいます。これにより乾燥肌になるのはもちろんのこと、外界からの刺激に肌が晒されるため、肌荒れを起こすことになります。

また、保湿不足は肌本来の機能を阻害することにもなるため、肌ストレスの増大、シワ、シミ、たるみなどの原因にもなる可能性があります。
人間の体の70%が水分から出来ているように、人間にとって保湿は非常に重要なことなのです。表面からだけでなく体の中からも水分補給を行うことで、肌が持つ本来の機能を取り戻し、美肌維持の維持に努めるようにしましょう。

お肌について

当サイトについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加