お尻のスキンケアをはじめましょう

お尻の黒ずみ、ニキビを徹底ケア!

お尻の黒ずみ、ニキビを徹底ケア!【美尻ナビ】トップ >
お尻の蒸れによる影響と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お尻の蒸れによる影響と対策

実は深刻なお尻の蒸れの悩み、対策が難しいですよね。お尻の蒸れによる影響と対策について、調べてみましょう。

お尻の蒸れについて

暑い時期に限らず、一年を通して蒸れやすいのが下着の中です。特にお尻は下着との間にこもった空気が温まりやすい箇所ですね。

お尻の汗と蒸れが気になる経験は誰にでもあるものです。場所が場所だけに、汗や蒸れが気になっても、湿り気を拭き取ることが難しい外出中や仕事中は我慢するしかなく、仕方なくそのまま放置する、という人は少なくありません。
一度かいた汗はそのままにしておくと角質にダメージを与えてしまいます。汗ばんだあとのお肌は摩擦や締め付けに弱くなってしまうのです。もちろん、蒸れたお尻をそのままにしておくと不衛生になってしまいます。

お尻の蒸れによる影響

思い当たる原因がないのにお尻が痒くなってしまったり、皮膚が赤く炎症を起こしたり、ポツポツと湿疹がや汗疹ができていた・・・そんな体験はありませんか?

蒸れて汗をかいたお尻は、肌のバリア機能が低下してしまっています。その結果、気づかないうちにお尻の表皮や角質にダメージを蓄積させてしまうというわけです。
群れと摩擦を同時に受けやすいお尻は不衛生にもなりやすく、さまざまな影響があります。黒ずみや色素沈着も多いですが、心配なのは常在菌であるカンジダの増殖です。これは生理中にもよくあることです。お尻の蒸れは大変厄介なものです。

対策は?

お尻の蒸れの対策は、原因や理由がわかっていても場所が場所だけに難しいですよね。不快感があるのに対策が出来ないというのはつらいものです。
まずは通気性のいい、締め付けない下着選びから始めてみましょう。装飾の少ない、コットンやシルク性のものがおすすめなのです。

また、服装も熱がこもりやすい格好を避けてゆとりのあるファッションを意識しましょう。
最後に、できるだけお尻を圧迫し続けないようにデスクワークが続いたら途中で席を立つなどの工夫をしましょう。ウォシュレットを使ったらしっかい拭いて乾燥させることが必要です。

お肌について

当サイトについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加