お尻のスキンケアをはじめましょう

お尻の黒ずみ、ニキビを徹底ケア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お尻のあせも対策

一般にあせもは子供の症状として知られていますが、実は大人にも多く見られる症状なのです。
大人のあせもは黒ずみやくすみの原因にもなる症状です。適切な方法でしっかり予防をしていきましょう。

近年急増している大人のあせも

気温が上昇する春から夏の時期に急増するのがあせも症状です。あせもは免疫力の低い子供に発症しやすいのですが、実は大人にも多く見られます。主に背中、胸部、首、腰、顔などの部分に表れます。発症後は治りづらく、また跡が残ってしまう事もあるようです。

原因は汗などで肌の衛生環境が乱れることです。そのため、汗をかいたら拭いた上で衣服を交換したり、こまめにシャワーを浴びれば大概は予防が可能です。
ただし、おしりのあせもはそう簡単にはいかないでしょう。衣服の交換が難しく、座る時間が長ければ汗をかき続ける場所だからです。

おしりのあせもの原因と対策

おしりに生じるあせもはオフィスで座り仕事をしている人に多く見られます。ただでさえ汗をかき易い時期に座りっぱなしではおしりの汗はたまる一方です。
結果、乳幼児のおもつかぶれのような状態になってしまうのです。

また、ストレスも原因の一種です。ストレスは免疫力を低下させるからです。
それ以外にも、下着による締め付け、椅子との摩擦、空調による肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れなどもあせもの原因になると言われています。

おしりのあせもを予防するには、適度に休憩を取り座りっぱなしにならない、オフィスを出て気分転換をすることが重要なのです。さらにはピーチローズといったターンオーバーを促すお尻の専用ジェルもお勧めです。

あせもができてしまった場合

予防対策を講じてみたがあせもが出来てしまった場合、そのあせもが水晶様汗疹なのか、紅色汗疹かを確認した方がいいでしょう。種類によって治療法やケア方法が異なるからです。

まず、水晶様湿疹は透明な水ぶくれが形成されます。原則、かゆみは伴いません。
逆に紅色汗疹の場合、かゆみと軽い痛みが伴い、形状も赤いブツブツが表れます。どちらかといえば紅色汗疹の方が危険で、早期のケアが必要になるでしょう。
また、あせもは刺激すると炎症箇所から雑菌が入り悪化することもあります。かゆくても掻かないようにし、早急に医療機関を受診するようにしましょう。

お肌について

当サイトについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加